日本語のメレって・・・どんな感じ?

201711.21

Aloha!

クムケリイが続けてワークショップを行っております日本語のメレ(曲)について。

 

「日本の曲をフラで踊るって・・・実際どうなんだろう?」

と思っていらっしゃる方へ、これまでの参加者のお声も交えて記事にしたいと思います。

 

 

よくフラで使用されている日本語のメレと言えば、

♪月の夜は ♪見上げてごらん夜空の星を ♪南国の夜 ♪ブルーハワイ ♪サンゴ礁の彼方 等々・・・

懐かしいメロディのイメージがあります。
ゆったりとしたテンポで耳にも残りやすいこういった曲は、日本のダンサーにとって馴染みやすく、長く親しまれています。

しかし、段々と若い世代にもフラが浸透し、ハワイアンソングの名曲が生まれていく中で、日本語の曲を踊る機会が少しずつ減少していきました。

 

また、「フラはハワイの伝統文化なので日本語の曲でフラを踊るのは邪道」と考える方もいらっしゃいます。

 

そんな中で日本語のメレを踊るメリットとしては

*意味を理解しながら踊れる
*感情移入しやすい
*一般の方でもフラを楽しめる

と言った点があります。

 

様々な考え方がありますが、クムケリイとしては「フラは物語を伝える踊りで、日本人として日本語の曲をフラで踊ることはとても良い事。日本人として日本の素晴らしいメレ(曲)に誇りを持ってほしい。」と考えています。

 

また、フラダンサーの世代の幅も広がってきておりますので、これまで固定化されていた日本語の曲ではなく、踊る側・見る側の双方にとって楽しめる曲を選曲しております。

 

フラワークショップ

 

実際にワークショップを体験した方からは

「すごく楽しかった」
「こんなにしっくりくるとは思っていなかった」
「ハワイ語の曲より、もっと習いたい」

と言ったお声を頂いております。

 

日本語のメレはメロディ・テンポ・歌詞の内容など様々な理由からフラと融合するには難しい曲もあります。

日本語の曲とは言え、振付することは簡単ではありません。フラのステップに合うか、本当の意味に合っているか、曲調に合った振付になっているかなど、とても細かく確認しながら振付を行っています。

だからこそ、参加者の方々に“しっくりくる”振り付けとなっています。

 

初めてフラを踊る・見る方々にとって日本語のメレが1曲でもあると、心落ち着て曲の情景を考えながら踊ることが出来、それこそが一番大切なことだと考えます。

 

気になっている方は、ぜひ一度ワークショップにお越しください!

 

〈クム ケリイ カラウコア グロッスマン〉

ヒロ在住、マウイ島に生まれハワイ島コハラ育ち。日本人の祖母を持つ。

家系で代々伝わるフラを3歳から学び始め、曾祖母のスタイルを受け継ぐ後継者。

12歳からはクムフラレイリーン カヴァイアエア、クムフラ レイ フォンセカ、クムフラ ナラニ カナカオレの下で学び知識を積み重ね、オリマスターカレナシルヴァ、ナークム ケコア&ペレホヌアメア ハーマンに師事。

また15歳からはカメハメハスクールに通い、現在では同スクールでハワイ文学の教壇に立つエリート。

大好きな日本文化も積極的に学び、日本人の心に寄り添った指導法を行っている。
若手ながら知識の豊富さは秀でており、実力のある将来が有望なクム。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ツイッター  →「HULA-Jガールズのつぶやき」
フェイスブック →「フラのマナビ」
インスタグラム →「hula_japan」


【お問
い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org

 
友だち追加数