美しいフラ

201307.12

Aloha虹


昨日ご紹介したフラレア53号に載っていた

「魂のこもったフラ」「まぎれもなく恩師、故レイ・フォンセカのスタイル」


きっと知っている方なら故クムレイを思わせるような演技だったと思います。

衣装・踊り・振りすべて忠実にクムレイのスタイルを受け継いだものでした。


HULA-J ☆スタッフ ブログ☆


題名にもなっていた

「イプヘケを倒す角度まで、ピタリとそろえた渾身のフラ」


あの会場にいる誰もがそう思っていただけたのでは?と思います。

角度や配置など、そういったフラの美的観点はクム レイナーラも大変こだわります。


しかし、これは振りだけではなく、衣装にもこだわっています。

アップダウンが激しいこの踊り方のスタイルは、本当に動きが激しく、特にノホスタイル(座って踊るスタイル)は、上半身の動きが激しいものです。

HULA-J ☆スタッフ ブログ☆

それでも、身につけているものが外れることはおろか、誰一人衣装が乱れることがないように、細心の注意を払っています。


今回はほんの少しねじった形でニイハウシェルのレイを付けましたが、それもKa’iとHo’iどちらを見ても、誰を見ても変わらないように…


これはコンペだからではなく、心からフラに懸ける思い、「美しいフラ」へのこだわりからだと思います。


HULA-J ☆スタッフ ブログ☆

クムレイそしてクムレイナーラ

素直にステキだなと思うこだわりです。


【お問い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)

TEL:03-5628-3689 (担当:ホンダ)

Mail:tokyo@hula-j.org