☆イプヘケのたたき方☆

201308.05

Aloha虹


いつもこちらのブログの検索ワードに多いのが「イプヘケのたたき方」です音譜

HULA-J ☆スタッフ ブログ☆

イプヘケのたたき方(Ho’opa’a)は、どちらのハラウでもダンサー(オーラパ)ではなく、クムの他にアラカイ、ホオパアと呼ばれるコクア(お手伝い)が叩きます。(ダンス時はダンサーが叩くこともありますが。)

カヒコ(古典フラ)の時 以外にもベーシックを行う際などにも使用しますので、指導者になるにはこのHo’opa’aは必ず習得しなければならない通り門ですビックリマーク


指導者養成クラス ではこのHo’opa’aの習得が必修となっています。


個人差はありますが、初回は皆さん全く叩いたことがない・叩いたことがあっても手がおぼつかない方ばかりですあせる


もちろん、心配する必要はありません、誰でも最初は初心者です。クムが1から丁寧に指導をしますラブラブ


「カヒコの時のPa’iは習えないのですか?」


と言う方がいらっしゃいますが、まずは基本のベーシックを叩けることが大前提ですキラキラベーシックをマスターしてから、やっと曲に入ります。


当り前ではありますが…

Ho’opa’aを含めフラは人から人へと伝えていくものですので、ビデオ学習・ネット学習では絶対に学ぶことはできません。


Ho’opa’a一つでも奥が深く、本当に「叩ける」ようになるには相当の練習量、気持ちの入れ方が重要になります。


フラはひとつひとつ奥が深く、勉強は尽きませんねニコニコ


【お問い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)

TEL:03-5628-3689 (担当:ホンダ)

Mail:tokyo@hula-j.org