☆ハワイでのものづくり☆

201501.26

Aloha

先日より受付開始しましたクムフラ レイナーラによるワークツアー
前回(2014年10月)のツアー報告を書けておりませんでしたので、ご紹介いたします

前回もたくさんの“つくりもの”をしました。

植物採取からのレイメイキングはもちろんですが…

フェザーレイを作る作業は、レイを編んで行く前の準備から行いました。

もちろん、ツアー中には完成することは難しく、やり方を覚え各自 自宅で完成し先日のクムの来日の際に見せて頂きました。

ほとんどの方がフェザーレイ初挑戦でしたが、それはそれは皆さんとても素晴らしい出来栄えでした

他には楽器の制作も、採取から行って作りました

こちらも手間のかかる作業ですが、丁寧に仕上げました。
自身で作った楽器を使って習う曲は思い入れも強まりますね

そして、今年もラウハラ編みの職人さんが来て下さり、今年はブレスレッドを制作しました。

今回は全員で共通の模様を入れたのですが、こちらの模様にした理由をアンティーがお話して下さった時から感動しました…

完成がこちら

どうでしょう、この旅の宝物と言っても過言ではないと思います。

もの作りはもちろん日本でも出来ますし、様々なワークショップが開催されております。日本で出来る事は日本で学ぶ、それでも良いと思います。

しかし、すでに用意されたキットではなく、ハワイに行きハワイで自ら準備しハワイで作ると違った感覚が心に残ります

ハワイの植物をハワイの地で採取…
ハワイの風の中でひらひらと舞うフェザー…
ハラを割く音や、やわらかな空気の中で編む音…

この感覚は体感した人だけがわかる感覚で、なんとも文章ではお伝えしずらいのですが、目を閉じればその時の感覚が指先と瞼の裏に蘇る…と言った感じでしょうか…

そう言った中で、ハワイアンがこれまで伝えてきた(踊りだけではない)真の「フラ」に触れることができるのではないかと思います。

【お問い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689(担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org