☆どうやって話せばいいの・・・?☆

201507.24

Aloha

よく講座の前後で生徒さんとお話ししておると、「英語はどうやって覚えたんですか~と聞かれることがあります。

ズバリ…私は英語を話せていると言うレベルではありません

でも、会話は成り立っているように見えますよね。

実は単語を並べて必死に伝えようとしている
それを相手が汲み取ってくれている…

それだけなんです

フラを学ぶ上で、

「クムフラと話せたらいいのにな
「折角クムが話しかけてくれたのにYesしか言えなかった…

「聞きたい事は山ほどあるのに

と、よく耳にします。

身振りや表情を出すのが(日本人は)苦手で、まして人の前でしどろもどろな英語を話すなんて…と気が引けてしまう方も多く見かけます。

でも、全く話せないわけではなくハワイ語や簡単な英単語はご存知ですよね。それを並べて身振り・動作・表情でなんとか伝えようとしてみると、意外とちゃんと伝わります

英会話は話せていなくても、そうやって伝えた方が心はもっと伝わります


なぜなら、ハワイのクムやダンサー達も相手が何を伝えようとしているのか、一生懸命に聞こうとしているからです

なんか単語だけだけしか言えなかったけど、伝わって最後にはみんなで大笑い

そんな様子もこれまでたくさん見てきました


もちろん、講座やワークショップ内には通訳さんが一緒に付いていますので、聞き取れなかったりどうしても伝わらないときは訳してもらっても構いません。


でもきっと、自分で一生懸命に伝えた言葉は、自身の心にも相手の心にも残ります。

ぜひ今度話す機会がありましたら、勇気を持って一言話してみて下さい。会話の内容が重要ではなく、そこで得られた感情や表情など、きっと何か学べることも出てくるかもしれません

【お問い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org