Kū i ka Manaストリーミング放送のお知らせ

201803.16

Aloha!

今日・明日はカメハメハスクール ケアアウ校(ハワイ島)のホイケです!

カメハメハスクールのホイケと言えば、カパーラマ校(オアフ島)のソングコンテストが有名ですが、忠実に再現した舞台演劇に力を入れているケアアウ校では毎年ミュージカルやオペラの演劇を行っています。

台詞はすべてハワイ語です。

今年は1874年のクイーンエマとキングカラーカウアの選挙が舞台になっています。
舞台は「Kū i ka Mana」というタイトルのロックオペラと言うことで、音楽は全てロック風。

敢えてカヒコがない演目になっているそうです。

 

クムケリイもこちらのホイケに携わっており、こちらのホイケで使用されている多くのメレはクムケリイが作詞し、ハワイ語指導、コーラス指導、フラの振り付け、衣装製作の指導も行いました。

 

ケアアウ校では作詞家・作曲家・振付師・演劇指導者・舞台監督など舞台に関する様々なプロッフェショナルが指導にあたっており、毎年素晴らしい出来栄えとなっています。

衣装も生徒と先生方の手作りですが細部までたくさんのこだわりが詰まっています。

 

ケアアウ校の方々にとっては、総力をあげた年間最後の大イベントです。
本日の日本時間13時からこちらでストリーミング放送されますので、ぜひご覧ください。

 

 

〈クム ケリイ カラウコア グロッスマン〉

ヒロ在住、マウイ島に生まれハワイ島コハラ育ち。日本人の祖母を持つ。

家系で代々伝わるフラを3歳から学び始め、曾祖母のスタイルを受け継ぐ後継者。

12歳からはクムフラレイリーン カヴァイアエア、クムフラ レイ フォンセカ、クムフラ ナラニ カナカオレの下で学び知識を積み重ね、オリマスターカレナシルヴァ、ナークム ケコア&ペレホヌアメア ハーマンに師事。

また15歳からはカメハメハスクールに通い、現在では同スクールでハワイ文学の教壇に立つエリート。

大好きな日本文化も積極的に学び、日本人の心に寄り添った指導法を行っている。
若手ながら知識の豊富さは秀でており、実力のある将来が有望なクム。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ツイッター  →「HULA-Jガールズのつぶやき」
フェイスブック →「フラのマナビ」
インスタグラム →「hula_japan」


【お問
い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org

 
友だち追加数