神聖な楽器イプヘケについて

2017.12.01

Aloha!

フラの指導者には欠かせない楽器『イプヘケ』の入手について。

 

 

近年、質の良いイプの収穫が困難なため、購入が難しくなっております。
また、イプヘケ自体のお値段も高騰しております。

 

イプヘケは自分の子どものように大切に扱わなければならないとても神聖な楽器です。

 

手作りできる機会がありましたらご自身で作ることを、購入する場合は実際に見て、触って、音を聴いて、「これ」と思ったものを購入することを一番に推奨しています。

 

 

どうしてもそれが叶わない・・・
と言う方のため、HULA-Jではイプヘケの販売もお取り扱いしております。

 

指導者養成講座ではイプヘケまたはイプの持参をお願いしております。
併せて、ハーラウ(教室)内でもイプヘケを使ったベーシック指導を推奨しています。

どうしてもすぐに手に入れることが困難、自身で選ぶのが不安がある・・・
と言う方は、お問い合わせください。

 

クムフラ御用達のイプヘケメーカーとの取引にて販売しておりますので、安心の品質です。
サイズやお値段等の詳細は下記までお問い合わせください。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ツイッター  →「HULA-Jガールズのつぶやき」
フェイスブック →「フラのマナビ」
インスタグラム →「hula_japan」


【お問
い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org

 
友だち追加数

日本語のメレって・・・どんな感じ?

2017.11.21

Aloha!

クムケリイが続けてワークショップを行っております日本語のメレ(曲)について。

 

「日本の曲をフラで踊るって・・・実際どうなんだろう?」

と思っていらっしゃる方へ、これまでの参加者のお声も交えて記事にしたいと思います。

 

 

よくフラで使用されている日本語のメレと言えば、

♪月の夜は ♪見上げてごらん夜空の星を ♪南国の夜 ♪ブルーハワイ ♪サンゴ礁の彼方 等々・・・

懐かしいメロディのイメージがあります。
ゆったりとしたテンポで耳にも残りやすいこういった曲は、日本のダンサーにとって馴染みやすく、長く親しまれています。

しかし、段々と若い世代にもフラが浸透し、ハワイアンソングの名曲が生まれていく中で、日本語の曲を踊る機会が少しずつ減少していきました。

 

また、「フラはハワイの伝統文化なので日本語の曲でフラを踊るのは邪道」と考える方もいらっしゃいます。

 

そんな中で日本語のメレを踊るメリットとしては

*意味を理解しながら踊れる
*感情移入しやすい
*一般の方でもフラを楽しめる

と言った点があります。

 

様々な考え方がありますが、クムケリイとしては「フラは物語を伝える踊りで、日本人として日本語の曲をフラで踊ることはとても良い事。日本人として日本の素晴らしいメレ(曲)に誇りを持ってほしい。」と考えています。

 

また、フラダンサーの世代の幅も広がってきておりますので、これまで固定化されていた日本語の曲ではなく、踊る側・見る側の双方にとって楽しめる曲を選曲しております。

 

フラワークショップ

 

実際にワークショップを体験した方からは

「すごく楽しかった」
「こんなにしっくりくるとは思っていなかった」
「ハワイ語の曲より、もっと習いたい」

と言ったお声を頂いております。

 

日本語のメレはメロディ・テンポ・歌詞の内容など様々な理由からフラと融合するには難しい曲もあります。

日本語の曲とは言え、振付することは簡単ではありません。フラのステップに合うか、本当の意味に合っているか、曲調に合った振付になっているかなど、とても細かく確認しながら振付を行っています。

だからこそ、参加者の方々に“しっくりくる”振り付けとなっています。

 

初めてフラを踊る・見る方々にとって日本語のメレが1曲でもあると、心落ち着て曲の情景を考えながら踊ることが出来、それこそが一番大切なことだと考えます。

 

気になっている方は、ぜひ一度ワークショップにお越しください!

 

〈クム ケリイ カラウコア グロッスマン〉

ヒロ在住、マウイ島に生まれハワイ島コハラ育ち。日本人の祖母を持つ。

家系で代々伝わるフラを3歳から学び始め、曾祖母のスタイルを受け継ぐ後継者。

12歳からはクムフラレイリーン カヴァイアエア、クムフラ レイ フォンセカ、クムフラ ナラニ カナカオレの下で学び知識を積み重ね、オリマスターカレナシルヴァ、ナークム ケコア&ペレホヌアメア ハーマンに師事。

また15歳からはカメハメハスクールに通い、現在では同スクールでハワイ文学の教壇に立つエリート。

大好きな日本文化も積極的に学び、日本人の心に寄り添った指導法を行っている。
若手ながら知識の豊富さは秀でており、実力のある将来が有望なクム。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ツイッター  →「HULA-Jガールズのつぶやき」
フェイスブック →「フラのマナビ」
インスタグラム →「hula_japan」


【お問
い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org

 
友だち追加数

クラス説明&体験会の日程

2017.11.20

Aloha!

1月より新規開校のクムケリイのクラスにつきまして、全国3都市にて無料のクラス説明会&体験会を行います。

説明会ではクラスの内容・料金・システム・ルールなどを詳しくご説明いたします。
体験会では実際にクムケリイのスタイルのレッスンを体験していただきます。

今回は説明会&体験会の後にクラスも早速スタート予定です。
説明&体験を経て、クラスの受講を検討していただく事も可能です。

 

 

1月のクラス日程は下記の通りです。

〈東京〉

1月27日(土)

10:30~12:00 無料説明会&体験会
13:00~16:15 Ulua‘eクラス

〈大阪〉

1月21日(土)

10:30~12:00 無料説明会&体験会
13:00~16:15 Ulua‘eクラス

〈福岡〉

1月22日(日)

10:30~12:00 無料説明会&体験会
13:00~15:40 Kupua‘eクラス

***

クラスは継続してのご参加をお願いしております。
そのため、

・クラスの内容がご自身に合っているか
・ご自身のフラのスタイルと合っているか
・続けていける料金体勢か
・クムとの相性 など・・・

じっくりとご検討いただいた上でご判断頂きたいと思っております。

こちらの説明&体験会にご参加できない方は、個別での説明も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

皆さまのご参加をお待ちしております!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ツイッター  →「HULA-Jガールズのつぶやき」
フェイスブック →「フラのマナビ」
インスタグラム →「hula_japan」


【お問
い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org

 
友だち追加数

全国3都市にて新クラス開校します。

2017.11.17

〈新クラス開校のお知らせ〉

この度、クム ケリイの新規クラスを開校いたします。

これまで、クムレイナーラとクムカヴィカの2講座を開催し、多くの講座生にご参加いただいております。
今後とも継続しながら、若いクムも導入しさらに多くの方に新しい学びの場をご提供して参ります。

東京・大阪に加え、福岡と計3都市での開催を予定しております。
新しい生徒さんとのご縁を心より楽しみにしております。

 

〈クラス名〉

 

東京・大阪クラス:Ulua‘e「成長を鼓舞する」

福岡クラス:Kupua‘e「芽吹き伸暢する」

 


若葉が新鮮な空気を吸収しながら成長するように、新しい知識をたくさん吸収し成長していただきたいと言う願いを込めて名付けました。

〈特徴〉

『今までどこか物足りなさを感じていませんでしたか?』
『自身の踊りに自信はありますか?』
『胸を張ってフラを教えられていますか?』

こちらのクラスでは「なぜ、フラを踊るのか」という原点からフラに関する知識を積み重ねていきます。

踊りの他、オリ(詠唱)・儀式・禁忌・歴史・レイ・衣装・ハワイ語など、「フラに関する必要な知識」とは、なぜ必要かを理解をしながら学んで行くことにより、洗練されたフラを身に付けることを目標としています。

これまで直接クムからの指導は受けたことがない、踊りはたくさん踊ってきたがもっと深い知識を学びたい、指導者としてさらに知識を増やしたい、フラを習ってきたが知識を再度構築していきたい場合には、良い学びの場となっています。

〈対象〉

どなたでもご参加いただけますが、

*高度な知識を身に着けたい方
*フラを総合的に学びたい方
*真摯にフラを向き合いたい方

上記のような方々にオススメです。

特に指導者の方に人気ですが、先生になって間もない方や、サークル・フィットネス・カルチャースクールで教えている先生、将来的にクラスやハーラウを持ちたいと考えている方などにもオススメです。

もちろん、指導者を目指していない方でも入校可能です。

年齢やフラ歴などでの制限は一切ございません。

知識を積み重ねることで自身を高めていくことを目的としております。クラスを受けたことでウニキや証明書発行などの予定はございませんので、それらを目的としている方はあまりお勧めいたしません。

 

 

〈その他〉

年間を通し定期的なクラスですので、モチベーションを持続させ、講座とはちがった「クラス」の良さを存分に活かした充実したレッスンを行ってまいります。

また、これまで料金面で躊躇してしまっていた方々のため、レッスン費用のご負担を減らせるような料金体制にしております。

 

クムはとても若くフレッシュです。フラの原点~現代のフラまで研究しており、同時に日本史も学んでいます。そのため、今ある常識にとらわれない考え方や視点を持っています。

今のフラの在り方に疑問を感じたり、何かを見失いかけているような気持ちになっている方にも光を射すことが出来ると思っています。

〈クムのご紹介ページ〉coming soon…

純粋に「成長したい!」という方の芽を少しずつ大きく育んでいけるようなクラスを行ってまいります。

ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

 

NPO法人フラジャパン文化協会
教育事業本部 指導者養成推進部

1月の講話会のテーマは・・・

2017.11.14

Aloha!

1月にカメハメハスクールの現役教師による講話会を行います。
今回は東京・大阪にて開催いたします。

 

 

今回のテーマはこちら!

マカヒキの儀式〈Ka ‘Aha Makahiki〉


今回は年始(冬)の開催と言うことで、ハワイの冬に関する「マカヒキ」をテーマに選びました。

マカヒキと言えば、「雨の多いハワイの冬にあたる季節」とか「戦いが禁じられていた時期」と言われていますが、マカヒキとは実際どういった意味だったのか?を解説します。

マカヒキのはじまりや、目的、儀式、マカヒキシーズンに行われていたこと、食べていたものなどお話ししながら、一部再現します。

マカヒキシーズンに行われていたゲームの目的の説明や実際にゲームに挑戦していただきます!
ハーラウでのお楽しみ会などでも使えるかと思います。

 

また、カメハメハスクールでは学校行事としてマカヒキのセレモニーの日があります。
ハワイ文学を学んでいる生徒さんはその日に向け、それぞれにテーマを決めて活動を行っています。

クムケリイはそういった行事を担当し指導を行う先生の1人です。
どんな事が行われているのか、お話を聞けますのでお楽しみに~!

 

上記の写真は以前の資料です

日程・時間は下記の通りです。

大阪:1月19日(金) 15:15~17:15

東京:1月26日(金) 15:15~17:15

 

「彼のお話は聞かなきゃ損!!!」
そのくらい目からウロコな知識がたっぷり詰まっています

お申し込みは既に開始しており、多くの方にお申し込み頂いております。
お席に限りがございますので、早めにお申し込みください。

 

ハラウに関わらず、フラを習ったことがない方でも、
ハワイが大好きな方ならどなたでも大歓迎です!

ぜひこの機会にご参加ください。

 

〈クム ケリイ カラウコア グロッスマン〉

ヒロ在住、マウイ島に生まれハワイ島コハラ育ち。日本人の祖母を持つ。

家系で代々伝わるフラを3歳から学び始め、曾祖母のスタイルを受け継ぐ後継者。

12歳からはクムフラレイリーン カヴァイアエア、クムフラ レイ フォンセカ、クムフラ ナラニ カナカオレの下で学び知識を積み重ね、オリマスターカレナシルヴァ、ナークム ケコア&ペレホヌアメア ハーマンに師事。

また15歳からはカメハメハスクールに通い、現在では同スクールでハワイ文学の教壇に立つエリート。

大好きな日本文化も積極的に学び、日本人の心に寄り添った指導法を行っている。
若手ながら知識の豊富さは秀でており、実力のある将来が有望なクム。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ツイッター  →「HULA-Jガールズのつぶやき」
フェイスブック →「フラのマナビ」
インスタグラム →「hula_japan」


【お問
い合わせ】
NPO法人 フラジャパン文化協会(本部・東京支社)
TEL:03-5628-3689担当:ホンダ)
Mail:tokyo@hula-j.org

 
友だち追加数
1 2 3 4 5 111